日本人と外国人の恋愛観の違い

Happiness With International Love日本人と外国人の恋愛観の違い

日本人と外国人の恋愛観の違い

日本人と外国人の恋愛観の違い

文化や習慣が異なる日本人と外国人の間では、おのずと恋愛観にも違いが生まれます。それゆえ、不安になったり落ち込んだりすることも。そこで、日本人女性が直面しやすい外国人男性との恋愛観の差についていくつかご紹介します。是非、国際恋愛や国際交流にお役立て下さい。

POINT. 1告白のないお付き合い

日本では、告白があって初めて正式なお付き合いと認識されることが多いのですが、これは日本特有の型にはまった恋愛スタイルと言えるでしょう。外国の場合、日本のような恋愛ステップを踏まず、デートを重ねることでお互いが付き合っていると認識するパターンも多くあります。「つきあって下さい」の言葉がないからと不安になることはありません。

POINT. 2「両親に紹介」は特別ではない

国際結婚を本気で考える方は、特にこの差の違いに注意しておく必要がありそうです。
外国人は日本人と比べ、非常にオープンにお付き合い、周りとの交流を行います。友人や恋人を自分の両親に紹介することは何も特別なことではないのです。「両親に紹介」=「真剣に結婚を考えている」とは限らないのでご注意を。

POINT. 3結婚は相手を見極めてから

出会いの後、デートを通して相手が結婚相手としてふさわしいかよく見極めるのが外国人の恋愛スタイル。相手のことがよくわからないデートの初期段階で結婚にまつわる質問をされると、外国人の恋人を困らせるだけです。結婚に関してはあまり焦らず、しっかりお互いのことを知る努力をしましょう。

POINT. 4同棲は結婚までのステップ

多くの外国人にとって、同棲生活は一緒に生活出来る相手か見極める結婚前の大事なステップです。プロポーズの後、同棲せずに結婚する日本の習慣は不思議に思われています。